HKK FARM
メイン画像 モバイルメイン画像
メイン画像 モバイルメイン画像

RE FARM

自然豊かな八ヶ岳南麓、
有機JAS認証を取得している畑で野菜を生産しています。
耕作放棄地を活用し、野菜を地域のこども食堂に支援することで、
地域創生への貢献を目標としております。

NEWS・最新情報

NEW
2024.6.18
HKK FARM通信を更新しました
2024.5.18
HKK FARM通信を更新しました
2024.4.18
HKK FARM通信を更新しました
2024.3.14
HKK FARM通信を更新しました
2024.2.15
HKK FARM通信・支援事例を更新しました
2023.2.2
支援事例を更新しました
2022.12.20
HKKFARM通信9~12月を更新しました
2022.9.21
HKKFARM通信6~8月を更新しました
2022.6.15
HKKFARM通信4.5月を更新しました
2022.1.28
2021年度秋冬の支援事例を更新しました
2021.11.24
HKKFARM通信10.11月を更新しました。
2021.10.05
HKKFARM通信8.9月を更新しました。
2021.08.01
HKKFARM通信6.7月を更新しました。
2021.08.01
2021年7月の支援事例を更新しました。
2021.06.01
HKKFARM通信4.5月を更新しました。
2021.03.26
HKKFARM通信 3月を更新しました。
2021.03.26
ホームページをリニューアルしました!
   
HKKFARM通信

八ヶ岳南麓より、畑の様子や野菜の生育状況をお伝えします。

ブログ写真

2024/06/18 「すくすくと成長しています。」

6月に入り、平均気温も高まり、野菜たちの成長もいよいよ旺盛となってきました。
レタスの生育も順調に進んでおり、まもなく皆さまへお届けすることができると思います。
植えたじゃがいもも、とうもろこしも無事に芽が上がり、順調に成長しています。
とうもろこしは夜温の影響で、苗がなかなか植えられず、大きくなりすぎてしまったので予定を変更しまして、種を直接畑に撒く直播(じかまき)に変更しました。
とうもろこしを直播をする際は、欠株の箇所が少なくなるように、ところどころ2粒ずつ種を播き、ある程度大きくなったら2株出ているところから欠株しているところへ移植するという手法をとります。
6月にしては高い気温と、梅雨入り後の湿気が少し心配ですが、気を抜かずに管理を続けていきます。

ブログ写真

2024/05/18 「春の日差しと肌寒い夜」

5月に入ってから半ば頃までの気温は、去年と同じくらいに落ち着きまして、春らしい日が続きました。
中には夜間の気温がかなり落ち込み、霜が降りてしまうほどの日もありましたが、
最近はようやく夜でも野菜達にとって安心できる気温となってきました。
ハウス内の苗も、畑に植えてある野菜達も、この気温で一気に大きくなり始めています。
しかしながら月の後半からは例年よりも高温傾向の見込みとなっているらしく、
日々の温度管理に注意が必要な日が続きます。
ファームの方では、予定通りじゃがいもの植え付けを行いました。
また、霜の心配の無くなる中旬以降にはとうもろこしの苗を植え付ける予定となっております。
畑に植え付けてから実が付き始める頃までに、鹿やハクビシン等の
畑に現れる野生動物達への対策として、防獣用のネットでとうもろこしの回りを囲っていく予定です。

ブログ写真

2024/04/18 「春の日差しと肌寒い夜」

4月に入り、次第に温かいと感じる日も増えてまいりました。ここ北杜市でも、最高気温が20℃を超える日もありました。日中は暖かですが夜間に冷え込んだ時には、早朝に薄氷が張ることもあります。この寒暖差が野菜に適度なストレスを与え、美味しい野菜を育みます。ファームの方では、4月の初めに畑に肥料を撒き、先月もご紹介させていただきましたレタスの苗を植えました。肥料は牛の糞を発酵させたものを用いております。牛の糞から出来た肥料には土に栄養を与えることに加えて、土をふかふかにする効果もあります。レタスは1か月から1か月半くらいをめどに収獲ができる見込みです。4月の下旬あたりには、レタスの隣にじゃがいもを植える予定となっております。隣接する道の駅では毎年恒例の鯉のぼりも上がりました。蝶々や燕も飛びはじめておりまして、春の到来を感じます。

more〉
 
FARMAN紹介
FARMAN紹介画像 FARMAN紹介画像å
FARMANロゴ

八ヶ岳南麓は北杜市で有機栽培で野菜の生産をしています。
埼玉から就農をし有機農業歴は20年近くになります。
肥料には米ぬかや落ち葉を使い、
土づくりにこだわって営農をしています。
八ヶ岳の自然が育んだ美味しい野菜をぜひ、ご賞味ください。

八ヶ岳南麓は北杜市で
有機栽培で野菜の生産をしています。
埼玉から就農をし有機農業歴は
20年近くになります。
肥料には米ぬかや落ち葉を使い、
土づくりにこだわって営農をしています。
八ヶ岳の自然が育んだ美味しい野菜を
ぜひ、ご賞味ください。
支援事

2018年から地元愛川町・相模原市エリアの
こども食堂や支援団体へ、
収穫した野菜をお送りしています。
支援をご希望の団体様はお問い合わせフォームより
ご連絡をお願い致します。

支援事例

2018年から地元愛川町・相模原市エリアのこども食堂や支援団体へ、
収穫した野菜をお送りしています。
支援をご希望の団体様はお問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

    ●2018年~2020年

    【こども食堂】

  • 上溝にこにこ子ども食堂
  • 新磯みんなの食堂 さくら
  • あさみぞみんなのコミュニティ
  • ソレイユにこにこ食堂
  • マリ・いこいの家
  • みんなよっといで!たな食堂
  • みんなの食堂ふじみ
  • てらこや食堂ラッキーズ
  • 子ども食堂ちゃお!
  • みんなの居場所 ようこうだいパプリカ
  • 「あいおい」みんなの食堂
  • サマーちゃれんじ村
  • ●2021年夏

    【こども食堂】

  • みんなの食堂ふじみ
  • くぬぎこども食堂
  • てらこや食堂ラッキーズ
  • こども食堂さくらんぼ
  • フードコミュニティ
  • ●2021年秋冬

  • お母さんたちのしゃべり場
  • 新磯こども食堂みかんの木
  • ひよここども食堂
  • 相模原市社会福祉協議会
  • こども食堂スワン
  • マリ・いこいの家
  • 相模原みのり塾
  • あさみぞみんなのコミュニティ
  • 子ども食堂ちゃお!
  • てらこや食堂ラッキーズ
  • さがみはら みらい塾
  • ●2022

  • 新磯こども食堂みかんの木
  • TSUMUGUこども食堂
  • マリ・いこいの家

    【生活困窮者等支援団体】

  • フードコミュニティ
  • 【相模原市の事業】

  • さがみはら大学生等未来応援事業
  • ●2023

  • TSUMUGUこども食堂
  • あさみぞふれあい夢広場
  • フードパントリー&みんなの場所 ぶどうの木
アクセス

HKK FARM
〒408-0001
山梨県北杜市高根町長沢760
道の駅「南きよさと」内